報道・メディア

胡桃坂 仁志 (堀 哲也)

2014年
◆ 一般公開シンポジウム第2弾「生き物と細胞の設計図~DNA・クロマチン・核~」
 (産経新聞北摂版)
領域内共同研究 :山縣

河野 秀俊

2014年
◆ 8月29日 DNAの曲がりやすさにも遺伝子発現情報が含まれている (J-PARC センター)
詳細詳細ページ

木村 宏 (山縣 一夫)

2015年
◆ 1月18日 妊娠率上げる凍結技術 不妊治療、胚の解析も進化 (日経新聞)
2014年
◆ 10月3日 遺伝子の活性化 生細胞内で観察 (科学新聞)
関連論文 : Pubmed ID 25252976
領域内共同研究 :木村・大川・徳永

◆ 9月30日 遺伝子オンオフ細胞で観察 (日経産業新聞)
関連論文 : Pubmed ID 25252976
領域内共同研究 : 木村・大川・徳永

◆ 9月22日 細胞内観察でヒストン標識の役割を解明、Nature誌で発表
(日経バイオテクオンライン)
詳細詳細ページ
関連論文 : Pubmed ID 25252976
領域内共同研究 : 木村・大川・徳永

◆ 7月8日 不妊治療、流産しにくく (日経新聞)

◆ 6月17日 細胞の化学変化 生物体内で観察 (日経新聞)
関連論文 : Pubmed ID 24936475
領域内共同研究 : 山縣、木村、大川

◆ 6月12日 DNAにスイッチ阪大など仕組み研究 「オフ」で光るマウス作製 (朝日新聞)
関連論文 : Pubmed ID 24936475
領域内共同研究 : 山縣、木村、大川

◆ 6月5日 ベテラン記者のデイリーコラム・【坂口至徳の科学の現場を歩く】DNAメチル化…
変化を生きたまま可視化できるマウスを作製 阪大・微研 (産経新聞)
関連論文 : Pubmed ID 24936475
領域内共同研究 : 山縣、木村、大川

◆ 6月4日 阪大、DNAメチル化の変動を可視化できるマウス「メチロー」を作製
 (日経バイオテクオンライン)
関連論文 : Pubmed ID 24936475
領域内共同研究 : 山縣、木村、大川

◆ 6月3日 阪大、全身がプローブ発現するマウス開発しDNAメチル化の可視化に成功
 (日刊工業新聞)
関連論文 : Pubmed ID 24936475
領域内共同研究 : 山縣、木村、大川

徳永 万喜洋

2014年
◆ 10月8日 「超解像蛍光顕微鏡」に技術追加、分子光らせ1つずつ観察。クロマチン構造を研究
(日経産業新聞)
領域内共同研究 : 胡桃坂、木村

斉藤 典子

2014年
◆ 11月12日 完全なiPS細胞識別手法を開発
(熊本日日新聞)

廣田 耕志

2015年
◆ 2月4日 遺伝子変異の仕組み (首都大からプレスリリース)
関連論文 : Pubmed ID 25628356
詳細詳細ページ

◆ 2月3日 遺伝子変異の仕組み (京大からプレスリリース)
関連論文 : Pubmed ID 25628356
詳細詳細ページ

↑ このページトップへ戻る ← 総括トップページへ戻る